美肌の大敵「紫外線」にもビタミンC!内側からできる紫外線対策

美肌ビタミンとして有名なビタミンC。

ビタミンCが配合された美容液やサプリメントなどをすでに日常使いしているという方も多いでしょう。

今回はあまり知られていないビタミンCと紫外線の関係についてご紹介いたします。

もくじ [非表示]

ビタミンCは紫外線予防にも◎そのワケとは?

紫外線による肌の悩みに多いものが「シミ」。

その原因は紫外線から肌を守るために生成されるメラニンです。
ビタミンCには、メラニンを生成するときに必須であるチロシナーゼの働きを阻害する作用があります。

この「メラニン生成抑制作用」のおかげで紫外線によるシミを予防することができるのです。

また、ビタミンCにはできてしまったシミに働きかける「還元作用」も。

これは黒く定着してしまったシミの色を淡くしてくれるというものです。

受けてしまった紫外線によるダメージを0にすることは難しいのですが、ビタミンCは少しでも元の状態に近づけてくれます。

もう一つ忘れてはいけないのが「抗酸化作用」です。

ビタミンCがもつ抗酸化作用は肌の活性酸素を除去する働きのことをいいます。
活性酸素は生きていく上で必ず発生するのですが、肌細胞の老化を早めてしまいます。

紫外線に当たることで発生する活性酸素を除去し、肌の老化を遅らせるサポートをしてくれます。

おすすめの摂取方法と注意点

ビタミンCはとても不安定な栄養素なので、効率よく吸収するためにコツがあります。
次はおすすめの摂取方法をご紹介しましょう。

ビタミンCジュースで吸収率アップ!

ビタミンCが豊富に含まれる野菜や果物はミキサーなどを使ってジュースにするのがおすすめです。

ビタミンCは細胞の中に存在しており、細胞壁に包まれています。
ジュースにすることによって細胞壁を壊し、体内に吸収しやすくなるのです。

ただし作ったジュースはすぐに飲むようにしましょう。
時間をおいてしまうとビタミンCが体内に入る前に酸化してしまい、効果が無くなってしまいます。

野菜を調理するときは「煮る」より「蒸す」

ビタミンCは水に溶けやすい性質があります。
食材を茹でると茹で汁に溶け出てしまうのです。

食材が持つビタミンCを無駄にせず摂取するためには、蒸して食べるとよいでしょう。

もしくはビタミンCが溶け出したお湯ごと飲むスープだと、まるごと食べることができるのでおすすめです。

朝はダメ?!ビタミンC摂取のタイミング

「スムージーや野菜ジュースは朝飲む」というイメージが強いかもしれませんが、注意が必要です。

ビタミンCを豊富に含む食材の中には、朝食べないほうが良いものがあります。

レモンやグレープフルーツのような柑橘類、セロリなどに含まれる成分「ソラレン」です。
「ソラレン」は紫外線を吸収してしまい、シミやそばかすになりやすい状態を作ってしまいます。

これらの食材は朝ではなく、日光を浴びることがない夕方以降に食べるようにしましょう。

まとめ

ビタミンCにより紫外線対策とおすすめの摂取方法をご紹介しました。

紫外線対策は健やかな美肌を保つために、最も大切なスキンケアです。
効率よいビタミンCの摂取をして外側からも内側からもバッチリ対策をしましょう。