紫外線から「目」を守ろう!日焼けによる目の影響とおすすめの予防方法

日焼け止めを使って肌の紫外線対策をするケアは、多くの人にとって当たり前になりました。
それでは、目の紫外線対策はどうでしょうか?

日焼け止めを塗ることができない目も、紫外線対策が必要です。
今回は大切な目を守るために必要な紫外線対策についてご紹介します。

もくじ [非表示]

目に紫外線が当たるとどうなるの?

紫外線は非常に強い光線ですから、目に当たると炎症を起こす可能性があります。

紫外線が目にあたることで角膜が炎症を起こし、痛みやかゆみ、充血が起きることがあります。
これは「雪目(ゆきめ)」と呼ばれる「雪目炎(ゆきめえん)」の症状です。

また長時間紫外線を浴び、ケアをしないでおくと目が見えにくくなる「白内障」にかかってしまう恐れがあります。

病気にならずとも、頭痛や目のかすみ、視力低下などにつながる可能性も。
日頃から、できる限り紫外線対策をするようにしましょう。

目が日焼けした!どうする?

外で過ごしていたら、いつの間にか目が日焼けしていた!ということもあるかもしれません。
その場合はアフターケアが大切です。

充血していたり、違和感を感じたりする場合は、しばらく目を閉じて休ませましょう。
冷たいタオルなどをあてて冷やすのもおすすめです。炎症を抑える効果がある目薬を使うと、なお良いでしょう。

痛みが強かったり、数時間経ってもおさまらない場合は眼科を受診しましょう。
目は身体の中でも繊細なパーツなので、違和感の放置は禁物です。

紫外線から目を守る方法3つ

サングラスをかける

最も手軽で確実に紫外線をカットできるアイテムがサングラスです。
日光に当たるところへ出かけるときはサングラスの着用をおすすめします。

サングラスの上や側面から入ってくる紫外線は防ぐことができません。
サングラスと肌の間がをできるだけ狭めるように、レンズが大きいもの、またサイズがフィットしているものを選びましょう。

紫外線対策ができる目薬を使う

サングラスは日常使いしづらい、という方には目薬がおすすめです。
肌に日焼け止めを塗るのと同じように、目にもUVケアができる目薬をさす習慣を身に着けましょう。

紫外線から角膜を保護する成分や、紫外線を浴びたことによる炎症を抑える成分が配合されているものがおすすめです。

眼用、コンタクト用のどちらのアイテムもあるので、自分の目に合ったものを選びましょう 。

目を守る栄養素「ルテイン」を摂取する

「ルテイン」は目の健康を維持するためにとても大切な栄養です。

紫外線だけでなくブルーライトの吸収を抑えることによって、ダメージから目を守ります。
目の水晶体や黄斑部(おうはんぶ)に分布しており、「天然のサングラス」とも呼ばれる優秀な栄養です。

体内で合成できない成分なので、毎日の摂取が理想です。

ほうれん草やブロッコリー、小松菜、ケールなどに含まれていますが、サプリメントを活用すれば毎日手軽に、安定して摂取することができるでしょう。

まとめ

紫外線による目への影響をご紹介しました。

意外と見落としがちな目の紫外線ケアですが、目の健康を守るためにはとても大切です。
目を守る健康習慣をぜひ身につけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。