これって熱中症かも! 気をつけたい10の症状と、栄養素の関係

健康緊急ニュース!

総務省消防庁は4日、6月26日~7月2日までの1週間に救急搬送された人数が1914人だったと発表しました。

その理由は…

熱中症

これから、暑さが本格的になる夏、誰もがかかってしまう可能性のある「熱中症」は、自分も家族も含め心配ですね。

炎天下、野外でスポーツなどをしている時にかかるイメージのある「熱中症」ですが、意外にも、熱中症にかかった場所が多いのは「住居」で、約35%もあるそうです!!

建物の中にいるのにいるのになぜ!?

住宅内で熱中症にかかる人は、エアコン扇風機使用していないことが多く、

さらには高齢者だと、トイレが近くなることを嫌い、水分補給をしていない事があるようです。

太陽の下にいなくても、いつの間にかかかってしまう「熱中症」…怖いですね。

僕のお婆ちゃんも自然の風が良いと言い、エアコンを付けないですごしていることが多く、

トイレに行くと疲れるからと水分補給もしないため…心配です…。

他の病気と間違えやすい!?熱中症10の症状

ちなみに、気をつけたい熱中症の症状としては、

  1. めまい立ちくらみがする
  2. 筋肉の痛みが出たり、硬直する
  3. 大量の汗が出る
  4. 頭痛がする
  5. 気分が悪くなって吐き気がする、嘔吐する
  6. 体がだるくなり力が入らなくなる
  7. 体全体が熱くなる
  8. 手足が痺れて思うように動かせなくなる
  9. 立ってもまっすぐに歩けなくなる
  10. 意識がなくなる

など、風邪や貧血と間違えてしまいそうな症状もあり、注意が必要です。

熱中症になってしまう前に、なんとかしたいものです。

熱中症には、塩分とクエン酸が関係している!

熱中症の原因は汗として水分塩分ミネラル(ナトリウムやカリウム)が出てしまい

体温調節がうまくできなくなった時に起こります。

そのためにも、水分だけではなく、塩分を取る事が必要となります!!

さらに、クエン酸ミネラル吸収を促進する働きがあると言われるため、

一緒に補う事がお勧めされています!

特に、塩分とクエン酸を一緒に取ることができる「梅干し」は、昔から熱中症にいいと言われていたようです。

でも「梅干し」は大量に食べられるものではないので、クエン酸ドリンクサプリなどで補うのもいいと思います。

僕も、今日はお婆ちゃんへ差し入れに、好物の梅干しと一緒にクエン酸を持っていこうと思います!!

シードコムス店長 長濱