花粉症を予防&辛い症状の軽減におすすめの食材

毎年悩まされる花粉症。少しでも症状を軽くして、花粉の時期を快適に過ごしたいですよね。

今回は花粉症予防、また症状を軽くするためのサポートをしてくれる食材を紹介します。

もくじ

花粉症を予防するために

花粉症対策といえば、マスクの着用や手洗いうがいによって花粉をブロックする対策が一般的ですね。

花粉症を予防するためには花粉を防ぐだけではなく、サプリメントを使ったり食事の内容を意識した内側からのケアも効果的です。

花粉症は体内に入ってきた花粉を害がある異物として排除しようとする免疫の過剰な働きです。過剰に免疫が働き、アレルギー反応としてくしゃみや鼻水などの症状が出ます。

ですから花粉症予防、または花粉症の症状を軽減するためには免疫機能をうまく調整する必要があります。

花粉症に効果的な栄養素

花粉症に効果的な栄養素として

  • ビタミンD
  • カテキン
  • 乳酸菌

の3つをご紹介します。

ビタミンD

近年の研究でビタミンDが花粉症対策に効果的であることがわかりました。

ビタミンDは骨の形成に必要なビタミンですが、免疫機能を調節する働きもあります。

ビタミンDを効率的に摂取することで、花粉に対して免疫が過剰に働くことを防ぐことができるのです。

カテキン

ポリフェノールの一種であるカテキンは、炎症やアレルギー反応に関わるヒスタミンの発生を抑えることができる成分です。

かゆみや鼻詰まりを抑える効果を期待できます。

乳酸菌

免疫細胞の多くは腸に存在します。腸内環境を整えることは、免疫機能を適切な状態に調整するためにも重要です。

乳酸菌は、腸を良い環境に保つ善玉菌を活性化する栄養です。毎日摂取することで効果があらわれます。

花粉症対策にオススメ食材

花粉症対策のために、ビタミンD・カテキン・乳酸菌が含まれている食材をそれぞれご紹介します。

ビタミンD

ビタミンDはきのこ青魚に豊富に含まれています。身近な食材なので手に入りやすいですね。

ビタミンDは脂と一緒に摂取することで吸収しやすくなる栄養ですから、炒めたり、オイルのドレッシングを使うなどして油を使った調理をしましょう。

カテキン

カテキンを多く含む代表的な食品は甜茶(てんちゃ)です。

花粉症対策に効くと有名な甜茶は、カテキンを含むポリフェノールが豊富なためアレルギー反応を抑える効果が期待できます。

甜茶はほのかに甘い味がしますから、とても飲みやすく日常にも取り入れやすい食材です。

乳酸菌

乳酸菌はヨーグルトや納豆、味噌などの発酵食品に多く含まれています。

発酵食品を食べることを毎日の習慣にすることで、腸内環境を良い状態に保ちましょう。

まとめ

花粉症対策に効果がある食材をご紹介しました。

少し意識をして食生活を変化させることで、花粉症が楽になるかもしれません。
花粉のシーズンを少しでも気持ちよく過ごすためにも、ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。