身体の芯から温める生姜のパワー

冬になると指先が氷のように冷たくなってしまうことはありませんか?

身体の冷えを放っておくと病気のもとになってしまいます。
身体を芯から温める温活をして、冬も過ごしやすい身体を作りたいですね。

今回は冷え対策の代表的な食べ物ともいえる生姜についてです。
末端の冷えにも内臓の冷えにも効果的な成分がたっぷり詰まった生姜の魅力をお伝えします。

もくじ

なぜ温活が必要?

身体が冷えてくると、脳は臓器の温度を下げないように血流を身体の中心に近いところに集中させます。

その結果、末端の手や足の血管が収縮し、全身を巡る血流が悪くなってしまいます。
血流が悪くなると、身体の隅々に存在する老廃物をうまく運び出すことができません。

溜まってしまった老廃物は不要な脂肪やむくみになったり、また肌がうまくターンオーバーできずに肌荒れになる可能性もあります。また疲労感も蓄積してしまいますから注意が必要です。

末端だけではなく、内臓が冷えてしまい低体温になる場合もあるでしょう。
身体の芯が冷えてしまうと、免疫力の低下や胃腸の不調にもつながります。

夜なかなか寝付けないという方も、もしかしたら体温が低いかもしれません。

冷えは手先が冷たくなるだけではなく、身体の様々な不調を引き起こす一因にもなると言われているのはこのためです。

冬に限らず身体が芯から温かい状態を維持して、より健康的な生活を送りたいですね。

身体を温める「ジンゲロール」「ショウガオール」

身体に様々な不調を起こす冷えを撃退するのが温活です。

生姜には温活に役立ついくつかの成分が含まれていますが、中でも特徴的なものが「ジンゲロール」と「ショウガオール」です。

ジンゲロール

ジンゲロールは生の生姜に多く含まれています。
殺菌効果や体内の免疫を上げる効果に優れており、手足の冷えを温めてくれます。

ジンゲロールは体内にある血管を収縮する成分の働きを抑制する効果があります。
その働きによって手先や足先の血管が開き、血流が改善されるため末端の冷えに効果的です。

ショウガオール

ショウガオールは生姜を加熱したり乾燥させることによってジンゲロールが変化した成分です。
ジンゲロールは末端の冷えに効果的ですが、ショウガオールは身体を芯から温める効果があります。

体内の脂肪燃焼や、胃腸の働きを活発にすることもわかっており、美容・健康のための温活にぴったりです。

温活にぴったり!生姜の効果

「ジンゲロール」の「ショウガオール」の2つを一緒にとることで身体の芯から末端まで温めることができます。

生姜は体温を上昇させることがわかっています。低体温になりやすい女性にとても嬉しい効果ですね。

また、脂肪燃焼効果も期待することができます。脂肪をうまく燃焼することで代謝が上がり、体内でしっかり熱を生み出せるようになります。

他にも、生姜には殺菌効果もあることがわかっています。
カツオのたたきに生姜のすりおろしが添えられるのもこの高い殺菌効果のためです。

感染症が流行りやすい冬にぴったりです。

まとめ

温活をする際に、積極的に取り入れたい生姜の効果をご紹介しました。

生姜には身体を温めるだけではなく、健康の効果もたくさんあります。
上手に生活に取り入れて、寒い冬を快適に過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。