黒にんにくの効果と効能|なぜ黒い?男性にいい?気になる疑問を解決!

皆さんは黒にんにくをご覧になったことがありますか?

黒にんにくとは、見た目が黒っぽいのはもちろん、皮を剥いて出てくる果実が真っ黒なにんにくのことです。
初めて見たときは、その炭のような黒さに驚かれる方も多いでしょう。

黒にんにくはにんにくと同じように健康にいいとされている食材です。
今回は普通のにんにくとの違いやおすすめの食べ方を紹介します。

もくじ

黒にんにくは普通のにんにくと違う?作り方は?

真っ黒な黒にんにくですが、元々は普通の白いにんにくです。
普段料理に使われるものと変わりません。

黒にんにくは白いにんにくを高温多湿の環境で発酵させたものです。
黒くなる理由はメイラード反応が起きているからだと考えられています。

メイラード反応とは食材を焼いたときに、褐色の物質が合成されて茶色くなる反応のことです。
おこげや卵焼きの焼き目などはこのメイラード反応によってできたものです。

黒にんにくも発酵によって熟成され、徐々に黒くなったということなんです。

黒にんにくの効果

黒にんにくにすることによって、普通のにんにくとは違った効果も見られます。

まず、にんにくの香りを抑えることができます。
生のままのにんにくよりも香りがマイルドになり、また熟成させることによって糖度が上がるので、食べやすくなっているのが特徴です。
黒にんにくはそのまま食べることもできるんですよ。

さらに栄養価にも変化があります。
黒にんにくは普通のにんにくよりもポリフェノールの量が多くなっているのです。
ポリフェノールは抗酸化力が高い栄養素で、体の中のサビを解消するために役立ってくれます。

また生にんにくにはない「S-アリルシステイン」という成分も発見されています。
「S-アリルシステイン」は血行改善に役立ち、血液をサラサラに保ってくれます。

黒にんにくには生にんにくよりも若々しい体を保つために役立つ成分が多く含まれています。

黒にんにくの食べ方

黒にんにくは生にんにくよりも甘みがあるので、生でも食べることができます。
そのおいしさは、よく「ドライフルーツのような甘み」と例えられるほどです。

チーズと一緒に食べたり、サラダのトッピングにもおすすめ。
オリーブオイルにつけてドレッシングにしたり、醤油につけて黒にんにくじょうゆにしたりするのもいいでしょう。

生にんにくにはない甘みを活かした美味しい料理に仕上がります。

まとめ

黒にんにくと生にんにくの違い、そして美味しい食べ方を紹介しました!

疲労回復、そして若々しいカラダを維持してハツラツとした毎日を過ごすためにおすすめの黒にんにく。
料理やおつまみにもぴったりですから、ぜひ献立のレパートリーにいれて味わってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。